0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

date :2009年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽波紋とロックとお茶会と。(9.27ユニオンプロレス蕨)

9月27日 ユニオン収穫祭(蕨 イサミレッスルアリーナ)

後楽園ホールを終えての一発目。
今回はスーザンズバーとチェリーのお茶会付。

なごやかムードながら、後楽園開催に満足しない、前向きの気持を感じさせる
興行でした。

そして、「お客さんに少しでも喜んでもらえることはないか」といった暖かい
気持が伝わってくる興行でした。

いつもどおりナオミ・スーザン代表の挨拶でスタート。

第一試合 プロレスバカ一直線
●竜剛馬 vs 326○
IMGP0498.jpg

ギブス着用の326がどう試合するかと思ったが…。
まさかのスタンド攻撃。
これは面白かったな。
いつかスタンド同士の対決もみてみたい。


第二試合 ROAD TO レジェンドキラー
●大家健 vs リッキー・フジ○
IMGP0514.jpg

やはりロックンロールな展開に。
大家のダンスは相変わらず前衛的すぎて奇妙です。
そして、こんなにタンクトップが似合わないレスラーって…。


第三試合 おんなの情念最終章
○チェリー vs 高梨マサ子●
IMGP0518.jpg

いい試合でした。
いつにもまして厳しい攻めをみせたマサ子。
それを凌いで、見事に3カウントを奪ったチェリー。

まさか、マサ子が女子部脱退を決めていたなんて…。
非常に残念。
IMGP0531.jpg

いつか、また女子部がピンチになったら戻ってきて欲しい。


セミファイナル 無駄遺恨回収戦
石川修司、●726 vs 佐々木恭介、田村和宏○
IMGP0536.jpg

恭介と石川の絡みはいつみてもいいね。
この2人ならではの攻防は見応えがある。

後楽園ホールを終えての再スタートの相手として、スタイルE勢を
選んだのは大正解。

スタイルEとの抗争がなければユニオンはここまで来れなかったと
思う。

この抗争で生まれた様々なライバル関係が石川やイサミを成長させて
くれた。

今後もスタイルEとは切磋琢磨していって欲しいなぁ。


メインイベント ユニオン主導権争い
○木高イサミ vs 諸橋晴也●
IMGP0551.jpg

イサミが苦戦しながらも勝利。
しかし、番狂わせ的なものではなかった。
これが今の位置関係。

諸橋にはこの状態を受け入れて欲しくない。
悔しく思って欲しいところ。


スーザンズバー
IMGP0533.jpg

スーのバーは休憩時間にオープン。
ただの売店だけどオツマミがついてきます。

本人が一番飲みたいのではないかとw
休憩時間じゃなくて終了後にやりゃいいのに。

チェリーのお茶会
脱力ダラダラ系。
テキトーにムダ話。
こーゆーの大好きだ、オレ。

DDTでも昔はよくこんな雰囲気のイベントあったよなぁ、と。

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:プロレス
ジャンル:スポーツ

同窓会。(8.30ユニオン後楽園)

石川修司VS佐々木貴。

同窓会の枠には収まりきれない凄い試合でした。

P1220247.jpg
序盤の打撃戦から、ユニオンの大巨人が飛ぶ!

P1220254.jpg
お互いの得意技が次々と。
そしてドラゴンスープレックス!
この衝撃は凄まじかった。

P1220274.jpg
貴も右脚を容赦なく叩き込んでいく。

P1220264.jpg
32文から

P1220265.jpg
スプラッシュマウンテン!

P1220271.jpg
打点の高い32文は大迫力。

P1220275.jpg
しかし、最後は貴が右脚で粘る石川を振り切った。

惜しかった。
本当に惜しかった。

「いずれ」ではなく、近いうちに追いつき、追い越して欲しい。
先輩もまた、成長している。

対戦で満足しちゃいいけない。

今回の試合で確信した。

石川修司はやっぱり凄い。
そして、きっと、もっと凄くなる。
誰も止められないくらい。

2009.8.30ユニオンプロレス後楽園ホール

テーマ:プロレス
ジャンル:スポーツ

あきらめきれぬとあきらめる。(8.30ユニオン後楽園)

木高イサミ vs 竹田誠志。
有刺鉄線ボード。
そしてラダー。

上半期、もっとも上昇した2人。
そして、2人を押し上げた試合形式。

そりゃ、期待するに決まっている。

そして、期待を超えてくれた!

P1220128.jpgalt="P1220128.jpg" bordealt="P1220128.jpg" border="0" width="328" height="458" />
開始早々、イサミが大流血。
それでもその目のギラつきは曇らない。

P1220137.jpg
中盤、竹田のアマレスと凶器を融合させた豪快な攻撃が
次々とイサミを襲う。

P1220148.jpg
どんなに追い込まれてもあきらめずに関節技等でやり返すイサミ。

P1220158.jpg
ラダー上の攻防を制し、ついにイサミがラダーのてっぺんへ。
しかし、ボードが裏返し。(有刺鉄線が上面)
どう考えてもイサミのほうが危険だ。

それでも覚悟を決めてラダーから飛んだイサミ。

これは返せないよ。

ダメージ云々を超えたものがある。

あんなエクストリームを見せられたら、負けを認めざるをえないよ。

P1220165.jpg
おめでとう、あきらめの悪い男。

2009年8月30日ユニオンプロレス後楽園ホール

テーマ:プロレス
ジャンル:スポーツ

笑いごとじゃない。(8.30ユニオン後楽園)

「大家健VS獣神サンダー・ライガー」

お笑いなんかじゃない。
本気でこのカードにひきつけられた。

結果、大家を必死に応援していた。

惨敗だったと思う。

でも、逃げ出しそうな中、ギリギリ踏みとどまったその
姿はヒーローがみせるソレではなく、もっとリアルな
日常的な弱者のソレだった。

だからこそ、凄く伝わるものがあった。

気合をいれたスーザン代表の張り手も素晴らしかった。
あれは皆の大家の気持がこもったものだった。
皆の気持を代弁したものだった。

プロレスは「何かを伝えてこそ」の表現スポーツだ。

ならば、この試合も名試合とよんでおかしくない。

うん、そうだ。

きっと。
おおか

2009年8月30日ユニオンプロレス 後楽園ホール

テーマ:プロレス
ジャンル:スポーツ

プロフィール

もきち

  • Author:もきち
  • プロレスが好きです。
    DDTとかユニオンとかバチバチとか。

    ロックンロールが好きです。
    ヒロトとかチバとか浅井健一とか。
    フーとかウェラーとかジザメリとか。
    お遊びでバンドやったりもします。

    モノづくりが好きです。
    不器用なクセに。
    レゴみたいなので何か作ったりします。
    Tシャツをデザインして作ったりもします。

    旅行好きです。
    ベトナムとかタイとか。

    「青」が好きです。
    キレイな青を求めて旅に出ることも。

    まぁ、ノラノラいこうよ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。